ページタイトル:弘前公園のネズコ 当サイトのシンボル

画像:弘前公園のネズコ 名称 弘前公園のネズコ
    (ひろさきこうえんのねずこ)
名称の典拠 なし
樹種 ネズコ
樹高 21m(注1)
目通り幹囲 5.4m(注1)
推定樹齢 500年以上(注2)
所在地の地名 青森県弘前市下白銀町(弘前公園三ノ丸)
 〃 3次メッシュコード 6040−73−27
 〃 緯度・経度 北緯40度36分34秒
           東経140度28分01秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2009年8月22日

注1)環境庁編「日本の巨樹・巨木林 北海道・東北版」による
注2)「弘前市古木名木」と題した案内板による(設置者名・設置年月不詳)





 旧弘前城三ノ丸跡のネズコ(クロベともいう)巨木。
 弘前中央高校の西から公園に入り、そのまま園内を直進すると、右手に立っている。
 案内板によると、ネズコの樹皮は、火縄銃の火縄として用いられたのだという。そんな理由から、築城の際に伐採されることなく、その後も大切にされてきたのだろうか。
 上部で多数の支幹に分かれている。自分の重みや風の影響で、分岐点から裂けてしまわぬよう、綱で緊縛されている。
 ちょっと可哀想な姿だが、多くの人が訪れる公園内では仕方がない措置だと思われる。
 
ボタン:青森県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る